エンジニアとプログラマー

コンピュータやインターネットといった新しい技術が登場して、瞬く間に世の中に溶け込み、必要不可欠な存在となりました。現代社会では、あって当然、なければさまざまな方面でトラブルが起こってしまいます。IT技術には、使い勝手の良さはもちろんセキュリティ面の強化も求められています。

こういった流れを受けてIT関連事業はますます発展を続けていて、それを支えているのがIT技術職です。エンジニアを中心にしてプログラマーやウェブデザイナーなどがいますが、最近になって奇妙な風潮ができています。一部のIT技術者の間で議論されているプログラマー不要論をご存知でしょうか。

プログラミング作業はエンジニアでも兼任できるゆえ、プログラマーというポジションは必要ないという意見があるのです。それゆえ同じIT技術職でも社内でエンジニアの方がキャリアアップしやすく、管理職になりやすいなどといった差が出てきています。

プログラミングは個人作業であることが多く、管理職として部下をまとめて作業を行うということはほとんどありません。また外部のクライアントと交渉する場合も同様で、プログラムに関しては、エンジニアが開発や構築を行ってから仕事を回してくることが多く、そういったことから立場的に管理職になることが少ないのです。

ただ能力によっては抜擢されることもありますので、自分自身を磨きスキルを高めておくことで、管理職になる可能性は見えてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です