日々の勉強が大切

プログラマーは、IT業界の最先端で頑張る職種です。プログラミングがメインになりますが、それ以外の作業を任せられることも多いです。最近は仕事の垣根が崩れていっているので、他の職種の仕事まで任されることが多いです。

たとえば、Webデザイナーの仕事や、ネットワークエンジニアの仕事まで任されるケースもあります。少人数の仕事場なら、一人何役もしなければ仕事が終わらないのです。

こうした理由もあって、プログラマーは日々勉強をし続ける必要性が高い職種だと言えます。仕事以外の時間、たとえばそれが休みの日でも、勉強に費やさなければならないことも多いです。

実際、一流のプログラマーは休日には学校に通うなどして、常に新しい知識を吸収しようと努力しています。学校でなくても、セミナーや講座で最新情報に触れておくだけでも違います。そうした努力ができるかできないかで、周囲からの不要論を抑えられるかどうかも決まってきます。

長くこの世界で生き残っていくには、時間を作って勉強を継続していくことが重要です。それほど学ぶべきことが多い職種とも言えます。若くて才能のある人たちが次々と参入してくるため、追い抜かれないよう努力が必要なのです。

最新技術のキャッチアップを怠っていると仕事がなくなって食べるのに困り、最悪他業種への転職を余儀なくされることも考えられます。しかしこれは、逆から見ると、強い好奇心と向学心がある方にチャンスがあるポジションと捉えることもできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です